馬体一刀流ブログ

競馬最強の法則WEBに登場して大反響。 馬体レーティング&適性タイプといった、独自の相馬理論を構築。 馬体のみで予想し、競馬収支プラスを続ける馬体診断士・武虎のブログ。

馬体一刀流ブログ

タグ:馬体診断予想

ダービー出走全馬の馬体解説や予想印を完全公開
↓↓↓
bnr3

【日本ダービー】馬体診断予想

▼舞台適性
【適性】C/T型-L(持続/根幹-長距離)
【ランク】G1 【コース】東京 【距離】芝2400m


▼馬体レーティング ※一部
▽分布
―――――――――――――――――
112|3頭
111|6頭
110|4頭
109|4頭
108|3頭
107|1頭
―――――――――――――――――
※今回不出走のジョルジュサンク、ブラックスピネル、シャドウアプローチの三頭もレーティング算出&馬体解説のおまけ有


▼馬体結論~全馬短評 ※一部
オークスとは一転、馬体ハイレベルなメンバー構成。かつ、距離適性や馬体タイプなど多彩で、非常におもしろく穴候補も多い。

舞台も、小回り急坂アンフェアな中山<皐月賞>から一転し、正反対な馬体適性が求められる大回りフラット平坦でフェアな東京コース。

馬体を見れば、「買いor見送り」、「適性高いor低い」など評価は一目瞭然だ。


実際、過去10年以上勝ち馬の馬体を振り返っても、イレギュラーな年と言えるのは、完全な馬体マイラーのディープブリランテ、中山ベストのエイシンフラッシュの二頭のみ。

うち、エイシンFに限れば、適性云々以前に、素材そのものが近年最高レベルにあり、かつ、得意とするスローの一戦であった点からも、実質、馬体から意外なダービー馬は、ディープブリランテの一頭のみ。

つまり、【加速A型】ベースの馬体にとっては、スローという展開の助けと同時に、エイシンF同等レベルの素材になければ、勝ち切ることは難しいと、余りにもハードルが高い。

また、馬体マイラーは、ディープスカイやウォッカなど、あくまでマイラーベースの造りで、距離融通性がある、差し向きの造りであることは必須。やわらかみや遊びがない距離限界が明確な完全なるマイラーの造りでは厳しいだろう。


以上、今年は多彩なメンバー故、評価の上げ下げはし易い。もちろん本命◎は、【持続C型】の馬体から選ぶことになった。


本命◎は…つづき<以下著者コンテンツ>で完全公開予定

▼馬体診断公開先~著者コンテンツ
----------------------------------
『馬体優先主義』【1コイン版】1レース単位で購読可
『馬体優先主義』【完全版】メルマガ/重賞1R~
『馬体優先主義』【最強版】WEB閲覧/全レース対象
--------------------------------------------


▼過去の予想的中一例-2015年度

(近走重賞)
セント記|◎ミュゼエイリアン|9人気2着
セント記|◎ジュンツバサ|10人気3着
ローズS|★タッチングスピーチ|7人気1着
新潟記念|★ファントムライト|13人気3着
札幌記念|◎ディサイファ|5人気1着
札幌記念|◎ダービーフィズ|4人気3着
関屋記念|◎マジェスティハーツ|6人気2着
エルムS|★エーシンモアオバー|7人気3着
函館記念|◎ヤマカツエース|7人気3着
プロキS|◎ベストウォーリア|4人気1着
函館スS|◎アースソニック|14人気2着
函館スS|◎ティーハーフ|4人気1着
マーメS|◎パワースポット|10人気3着

(G1)
宝塚記念|◎ラブリーデイ|6人気1着
宝塚記念|★デニムアンドルビー|10人気6着
宝塚記念|◎★|馬連馬単
宝塚記念|◎★☆ショウナンパンドラ|三複三単
安田記念|◎ヴァンセンヌ|3人気2着
安田記念|◎○モーリス|馬連馬単
安田記念|◎○クラレント|三連複
オークス|◎ミッキークイーン|3人気1着
オークス|◎○ルージュバック|馬連馬単
オークス|◎○☆クリミナル|三複三単
 桜花賞 |★クルミナル|7人気2着
フェブS|★インカテーション|5人気2着


秋華賞、馬体を見れば結果大穴本命◎となってしまった
>秋華賞 馬体診断予想公開中

今週は菊花賞と並び、馬体診断予想が最も得意とする新潟2歳Sを予想
↓↓↓
bnr3

▼ 馬体診断予想
(重賞)
札幌記念|◎ディサイファ|5人気1着
札幌記念|◎ダービーフィズ|4人気3着
札幌記念|◎○ヒットザターゲット|馬連馬単
札幌記念|◎◎○|三連複三連単
北九州記|◎ビッグアーサー|1人気2着


▼ 馬体レーティングTOP馬
(重賞)
札幌記念|111ディサイファ|5人気1着
札幌記念|111ダービーフィズ|4人気3着
札幌記念|111ヒットザターゲット|10人気2着
北九州記|113ビッグアーサー|1人気2着



▼ 馬体診断バックナンバー 札幌記念※一部

予想印
――――――――――――――――――――――
◎ダービーフィズ、ディサイファ
○ヒットザターゲット
★ヤマカツエース、サクラアルディート
▲ラストインパクト、ハギノハイブリッド
見ラキシス、トーホウジャッカル
――――――――――――――――――――――

……レートTOPの五頭、今走ではほぼ差がつけら
れないが、タフな流れになり易い根幹2000でもあ
り、あえて順位付けをするなら、ダービーフィズ
とディサイファの二頭が少し抜けているか。両馬
とも、今「馬体充実期」にあり、W本命◎とする。


▼馬体診断公開先~著者コンテンツ
----------------------------------
『馬体優先主義』【1コイン版】1レース単位で購読可
『馬体優先主義』【完全版】メルマガ/重賞1R~
『馬体優先主義』【最強版】WEB閲覧/全レース対象
--------------------------------------------



毎年恒例 『馬体INDEX2013-2歳 馬体評価レポート(PDF)』配布予定
↓↓↓
bnr3
『馬体INDEX2013』とは………デビュー前2歳を対象に馬体限定の評価を掲載したレポート。ギャロップPOG本742頭/ウマニティ-カラ―パドック436頭を対象。

※ウマニティ<プロ指名馬(20頭)>
にて一部無料先行公開⇒【PC版】【スマホ版】

日本ダービー馬体展望
昨年より全体的馬体レベルは間違いなく上。かつ
過去比でもハイレベルな部類に入る今年の東京優
駿日本ダービー。

過去馬体フロックでは勝ち切るのは難しいG1でも
あり、王道G1らしく【馬体チャンピオン系】を狙
うのが定石
だ。


ただ、同じ三冠でも、馬体的に最も相性がいいG1
菊花賞と比べると、予想&馬券的にも的中は格段
に少ない。

やはり、菊花賞ほど特殊な距離で行われるわけで
もなく、また、牡馬G1とは言え、明け3歳若駒の
レースでもあり、結果への「馬体影響度」は低く
なるのは否めない。逆に、馬体と関係ない、単純
な「能力」の比重が高い。


が、それでも「能力無視」で「馬体だけ見れば狙
える(た)」という馬が激走
することも、過去20年
以上遡れば、チラホラいる。

代表的な例で思い出すのは

ライスシャワー
ハーツクライ
シックスセンス


目先の的中目線でなく、こうした数年に一度ある
馬体激走馬を確実にしとめるためには、一貫して
「馬体一刀で勝負」し続けるしかない。


以上から…


つづきは、以下コンテンツで公開
馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【最強版】


馬体ラフレーティングの完全公開は、以下馬体一刀流WEB限定!bnr3
馬体ラフレーティング……「馬体写真」から独自の相馬ロジックにより、「馬体限定」の今走への評価を数値化した指標<馬体レーティング>の概算バージョン。

日曜の馬体ラフレーティング公開

対象レース ※【馬体ラフレーティングTOP数値】

中山
5R ダート 1800m 【111】
7R グッドラックハンデキャップ 芝 2500m【111】
8R 2014フェアウェルステークス ダート 1800m【112】
9R ホープフルステークス(GII) 芝 2000m【113】
10R 有馬記念(GI) 芝 2500m【114】
11R ハッピーエンドカップ 芝 1200m【111】

阪神
6R ダート 1800m【112】
7R ダート 1400m【111】
9R 千両賞 芝 1600m【112】
10R 江坂特別 芝 2400m 【113】
11R カウントダウンステークス 芝 2000m【113】
12R 2014ファイナルステークス ダート 1400m【113】

【公開先】馬体一刀流WEB
本日のグランプリG1≪有馬記念≫は、中山10R。今年の有馬は「馬体からわかりやすい一戦」
有馬記念≫馬体レーティングをピンポイント公開中

↑このページのトップヘ