パドックで手に入らない馬体の見方
著者馬体診断が定義する「仕上がり」とは、
一般的な馬体パドック派が言う「仕上がり」とは、全く別モノ


例えば、よく馬体を見て
  • 毛ヅヤがいい
  • 張りが抜群
  • 気配文句なし
  • 覇気がある
  • 歩様が力強い
など、力説しているorそれで終了しているのを見かける。


が、結論から言えば、これらすべて

「馬体の見極め」がはじまってすらいない

唯、個人的に「馬体から感じている」に過ぎず、「馬体の見極め」まで至っていないと言える。


逆に言えば、「馬体の見極め」ができない人でも、これらのコメントを感じることはできる。サラブレッドを初めて見る競馬ド素人でも、「毛ヅヤがいい、張りが抜群、気配文句なし」などは、感じられるのだ。


仮に、「馬体の見極め」ができる人が、この類いを見抜いたとしても、それは「仕上がりの見極め」に非ず。


では一体、「毛ヅヤがいい、張りが抜群、気配文句なし…」などは、
「何」を見極めているというか?

あくまで、それは…

続きを読む人気ブログランキングへ