▼2014【馬体レーティング】TOP馬成績

≪2014年度≫
全-TOP馬
【単回収率】91%
【複回収率】104%

通常TOP馬 ※低レート110以下除く
【単回収率】96%
【複回収率】108%

高レート-TOP馬 ※113以上
【単回収率】143%
【複回収率】108%

人気薄高レート-TOP馬 ※1~4番人気除く
【単回収率】283%
【複回収率】113%


≪2013年度≫
全-TOP馬
【単回収率】98%
【複回収率】99%

人気薄高レート-TOP馬 ※1~4番人気除く
【単回収率】111%
【複回収率】104%

つづき総評で、少し「競馬常勝の真実」について…



2013年に続き、2014年も<馬体レーティングTOP馬の年間回収率>は100%前後をキープでき、上々の結果。
全-TOP馬
【単回収率】91%
【複回収率】104%

通常TOP馬 ※低レート110以下除く
【単回収率】96%
【複回収率】108%

また、<高レート馬限定>や、かつ<人気薄>に限定した場合、単複とも大きく100%を超。
高レート-TOP馬 ※113以上
【単回収率】143%
【複回収率】108%

人気薄高レート-TOP馬 ※1~4番人気除く
【単回収率】283%
【複回収率】113%

このことからも、毎回同じセリフになるが
巷の人気や評価はイマイチだが
馬体レーティング(馬体評価)が高い馬

この「期待値の高さ、破壊力の凄さ」がお分かりいただけると思う。


==========================================
馬体レーティング……<今走における馬体限定の評価>を数値化した著者のオリジナル指標。
==========================================



また、以前も話した通り、レーティングと言えば、JRA公式レーティングというものがある。

==========================================
JRA公式レーティング……競走馬の能力を示す「客観的な指標となるもの」で、<着差・負担重量・過去の勝馬との比較などをもと>に、国際的に統一された基準により、数値化したもの。※JRA公式HPより
==========================================

確かに、公式にふさわしい労力、時間、精度、考察により算出されたものだろう。


が、おそらく実際に集計したわけではないものの
【JRA公式レーティング】TOP馬の長期回収率
【単回収率】75~80%
【複回収率】75~80%

その回収率は、いわゆる「競馬の期待値(控除率を差し引き)」付近に収まるだろう。

※時間がある方は、実際に過去の【JRA公式レーティング】単複回収率を計算してみよう。


つまり、残念ながらこのJRA公式レーティング
「能力」という最もスタンダートな一面を
「客観的」という偏りない視点で
「総合多角的」に考察数値化したため
競馬で「勝ち続ける」上では、全く使えない意味のない指標となってしまう。



また、それ以外に、有名予想家や予想理論など、巷のあらゆる競馬の指標でも
血統や調教、ラップ、枠、騎手、厩舎、展開など
「能力」「精度良く」「総合的(多角的)」
考察、算出された指標の場合
その長期回収率を調べれば、JRA公式レーティングとほぼ同じで、【単複回収率】75~80%にほぼ例外なく収まる。



その上で、もう一度【馬体レーティング】とは…
毎週、競馬ブックをコンビニで購入し、帰宅後、馬体写真を1頭につき数秒みて、その後、数分に満たない時間で、ざっと算出しただけの数値。

しかも、馬体写真がなければ原則対象外(見送り)で数値すら算出されず、また、馬体以外の情報や内容には見向きもせず、「能力や調子」他、「馬体」以外の要素は原則無視。
この回収率が、先の

↓↓↓
全-TOP馬
【単回収率】91%
【複回収率】104%

通常TOP馬 ※低レート110以下除く
【単回収率】96%
【複回収率】108%

高レート-TOP馬 ※113以上
【単回収率】143%
【複回収率】108%

人気薄高レート-TOP馬 ※1~4番人気除く
【単回収率】283%
【複回収率】113%


もし、あなたが
・長いスパンで回収率100%超をした経験がない
・毎週、かなり予想に時間をかけている
・予想の納得、斬新、的中率にひかれてしまう
こうした場合、今一度立ち止まり考えてほしい。

↓↓↓
・馬の「能力」を一生懸命に考察
・レースの「展開や結果」を精度よく考察
色々なファクターを「総合的」に考察

…これでは、決して競馬では常勝できない(100%超の長期成績が出せない)
これが「競馬の真実」ではないか。



競馬に限らず、数年,数百年,数千年前から人々に「当たり前、常識、真実」と思われていたこと…
・地球は丸くない ~紀元前
・日本、刀こそ最強!!夷狄討つべし ~幕末
・原子力は安全 ~現代
・予想で勝てる ~競馬
頑なに、信じている、信じられないことなど


そして、いつの時代も、大多数の人間が集まれば
真実が見えているのは、ごく少数の人々
この「人間の集団心理思考の構図(分布)」を利用する、これが「ギャンブルの本質」にある。


以上、本年もよろしくお願いいたします。
武虎

>シンザン記念、フェアリーSの馬体レーティング/馬体診断予想を公開
▼競馬人気ブログランキングへ
競馬ブログランキング馬体一刀流