【重要:会員告知】メルマガ配信元<レジまぐ>が昨日からサーバーダウンしており、現在も復旧が難しそうなので、今週の『馬体優先主義【1コイン版】,【完全版】』とも休止致します。代わりに、以下【最強版】や著者ブログなどで公開いたします。


【チャンピオンズC】 馬体短評~完全公開

▼レース適性

【適性】C/L型-I(持続/非根幹-中距離)
【ランク】G1 【コース】中京 【距離】D1800m


▼馬体レーティング&予想印
――――――――――――――――――――――
>著者別ブログで公開
――――――――――――――――――――――

▼各馬短評
1インペラティヴ
――――――――――――――――――――――
※馬体写真見つからず


2ベストウォーリア
――――――――――――――――――――――
マイラーベースの造りで、前走からの距離短縮は
良い。馬体から加速SPとパワーの面では、本馬が
ダート馬で現役屈指と言ってよい。

いわゆる【加速AT型】チャンピオン系真打ちタイ
プの造りで、馬体からカネヒキリを思い出すが、
【持続C型】コースの中京戦とは言え、【持続】と
【加速】の偏りが芝よりまろやかになるダート戦
ならば、怖い馬だ。

仕上がりもこの手の造りとして、馬体の丸み適度
にどどめており次第点。SP絶対値と軽さが求めら
れる雨(馬場悪化)、ハイペースは歓迎しない。良
のスローなら勝ち負けできる馬体だ。


3クリソライト
――――――――――――――――――――――
容量大きくスケールもあり、一時期低迷していた
が、ようやく復調してきた。重めになりやすい造
りで、一度緩むと仕上がり面で手間取るタイプだ
が、今回仕上がりも良い。

ただ、一線級相手で軽い中京戦では、SP面では上
位評価はしづらく、タフな流れがほしい。雨が降
ると厳しいだろう。


4ナムラビクター
――――――――――――――――――――――
昨年までの舞台ならよかった
が、という馬体。パワフルでいかにもダート馬ら
しい中距離馬。


5ワイドバッハ
――――――――――――――――――――――
初見。前走武蔵野SでグレープBと共、一撃★指名
して見事激走した馬だが、元々馬体rレーティン
グでハイレートを叩きだしていた馬。

これまでおそらくデビュー前の馬体しか確認でき
ていなかったが、ほぼ誤差なく想像通りの造りで
馬体好素材。

首差しからトモ後肢へのアウトラインがやわらか
く、いかにも根幹向きで、半端な1800非根幹では
ある程度レースが流れる必要がある。差しベター
の造りで競馬ぶりと一致しており、安定感はある
が、今回は前走以上に差し届くのか…と、少し前
走比で条件暗転する。

欲を言えば、もう一段、肩口胸前、下腹からトモ
への幅があれば、馬体真打ちとまで評価できたの
だが。


6グレープブランデー
――――――――――――――――――――――
前走武蔵野Sで、先のワイルドバッハと共に一撃★
指名。本馬は、軽い長手サスペンションが強みで
引き続き【持続C型】の今回は警戒必要。

距離的にはマイルは忙しいが、かと言って、1ハロ
ン程度の距離延長なら、根幹マイルのほうが、差
し届きやすい面もあり、大きく好転にはない。


7サンビスタ
――――――――――――――――――――――
馬体写真見つからず。下腹から後肢へのアウトラ
インなど、いかにも牝馬らしくキレ自体はありそ
うだが。


8ホッコータルマエ
――――――――――――――――――――――
父キングカメハメハ、ダート実績No.1からパワー
タイプの馬体をイメージする人も多いだろうが、
父産駒&ダート馬らしくない造りにあるのが本馬
の良さと言える。

相変わらずの骨筋軸の安定、休み明けだが無駄な
筋肉丸みがないのが良い。


9クリノスターオー
――――――――――――――――――――――
仕上がり良化。また、母父ジェイドロバリーらし
い四肢や前後シルエットにあり1800はいい。自身
の馬体とライバルの強みから、先行できないと厳
しいだろうが、総合的良さが強みでここでは評価
して押さえ▲タイプと、印削減対象。


10ニホンピロアワーズ
――――――――――――――――――――――
いつも言っているが現役No.1の馬体個性派。1800
適性は現役屈指だろうが、いかんせん「サラブレ
ッドなのか?」と疑いたくなるほどの造り。

先行ベストで、全く緩急がきかない造りのため、
この相手でも無理なく逃げがうてれば、フラット
の舞台故、一発を秘めるが。ハマっての穴評価な
らといったところ。


11ワンダーアキュート
――――――――――――――――――――――
ご存じダート界で、現役屈指の馬体と評価してい
る馬。マイラーベースの【持続CT型】チャンピオ
ン系バランスタイプと、G1では当然評価すべき。

ただ、非根幹という半端さと、加齢による重さは
ないが、全盛時よりも仕上がりの甘さと筋肉量の
低下が多少ある。そろそろ別の馬に本命◎を譲り
たい。

非常にコンスタントに使われ、成績も安定と素晴
らしい馬だが、その堅実さには、ダート馬にない
「無駄の無さ、軽さ、SP絶対値」という馬体のお
かげも少なからずあるのではないか。唯一不満と
言えば、なぜ芝を使わないのか…という点のみ。


12ローマンレジェンド
――――――――――――――――――――――
父スペシャルウィーク産駒らしい上体稼働域を誇
る【持続C型】中距離馬。適性としてベストに近い
が、SPとキレの面で裏付け一息の造りで、先行し
て押し切る形がベスト。

今回、スローで決め打ちの本命◎のため、人気馬
で最もスローへの対応に苦労する造りの本馬は様
子見へ。


13カゼノコ
――――――――――――――――――――――
タイプとして本命◎と同じパワータイプの造りだ
が、本命◎のように、【持続C型】の舞台でも印が
打てるほど、現役屈指の強みまでにはない。


14コパノリッキー
――――――――――――――――――――――
初見。今春フェブラリーSで、コパノリチャードと
間違えてしまった馬。今回初めて馬体を見るが、
結論から言えば、コパノリチャードと正反対な造
り。

首差しから肩口、長躯短背、薄広の筋肉バランス
、トモ尺と手脚軽さなど、いわゆる【持続C型】ベ
ースのマイル~中距離馬で…非常に残念だが、こ
の馬体をフェブラリーS時に見ていれば、本命◎と
は言わないまでも、一撃★穴☆など、印は打った
かと思う。と、後出しの後悔はこの辺で。

現状、まだ仕上がりの伸び代も残しており、バラ
ンスの良さからも、今後、長く活躍できるのでは
ないか。


15インカンテーション
――――――――――――――――――――――
おそらく3歳時以来、久々の馬体確認となるが、い
いほうに化けてきた。以前は強みあるが、かなり
癖があり、仕上り、成長の甘さからアンバランス
なシルエットにあった。

今回、骨筋バランスの良化がみてとれ、充実期に
ある。大味さがある【持続CL型】ながら、前走や
前々走の小回りでも結果を出しており、さらに、
条件好転となる今回はさらに怖い。

ただ、成長あり、条件好転するとは言え、淡白さ
があり、やわらかみ普通、かつ相手強化と、差し
コミの信頼性は一息。


16ダノンカモン
――――――――――――――――――――――
距離延長と高齢で馬体写真なしと仕上がり不明か
らも、馬体から完全なベスト条件以外はもう様子
見がいいだろう。
▼競馬人気ブログランキングへ
競馬ブログランキング馬体一刀流